ゲイの障がいがあり自慰行為ができない方のための射精介助ボランティア「G-HANDS pleasure」をやってます。東京近郊でご希望の方はまずはご連絡ください。真面目なやつなんで、嘘とかはNGです。

障がい者の方の射精介助は  


① 障がいにより自力で射精が困難な東京近郊の方 対象で 

② 毎週木曜日 12:00〜20:00 

③ 費用は無料 交通費のみ 

④ 1セッションでの射精回数は1回

⑤ 同じ方のお申し込みは2ヶ月に1度

⑥ 補助の方や介護の方のサポートが必要な場合は、お願いいたします。

 

お申し込みはEメールでお願いいたします。



※泥酔の方、熱や病中により体調の優れない方。怪我から48時間以内や治療中、手術から2年以内の方。伝染性皮膚病や、皮膚に大きな炎症や傷のある方。著しい睡眠不足、極度の高血圧・癌治療中の方は施術を行うと危険なため、施術ができない場合があります。また、射精介助は医療・治療・保健行為ではございません。

※アレルギー等がある場合は事前にお知らせください。


介助(約30分)の手順は、

① ウェットティッシュで下半身を拭きます
② お身体をソフトにタッチします。
③ 睾丸マッサージ
④ コンドームを装用し、無理のない体制でペニス(ご希望により乳首も)をマッサージします。
⑤ 射精後、再びウェットティッシュで下半身を拭きます。

📧
theryubdistribution@gmail.com