催眠とは


「治療に抵抗する顧客などいない。柔軟性にかける治療家がいるだけだ」

ミルトンエリクソン 催眠療法の父





指圧の心は母心、押せば命の泉湧く

指圧師 浪越徳治郎



痛いの痛いの飛んでいけ、という母親の子供への言葉は、痛みを消す催眠であり、マッサージです。                          

RYUBS TOKYO の催眠誘導リラクゼーションは、こうした母心に触れる優しい施術の一端として取り入れています。


リラックスから弛緩、そして思考のないうたたね状態 (変性意識状態)が催眠です。


催眠は、常にリラックスの延長線上にあります。リラックスなくして、催眠はあり得ません。それは、顕在意識のバリアが解け、潜在意識が無防備になった、催眠暗示がもっとも入りやすい状態です。

人は雑念と身体の緊張が比例します。心と身体は相互に繋がっていて、無意識に浮かぶ雑念は身体の筋肉を緊張させ、骨の歪みやコリをつくりだします。その雑念は、忘れようと意識すればするほど思い出してしまい、意識の力でコントロールすることはなかなか難しいものです。しかし、身体の緊張がほぐれた場合、リラックスと同時に雑念は消え去り、心地よい眠りが訪れるでしょう。身体の緊張は、我々の施術である程度コントロールができるのです。

我々は、プロフェショナルな手技圧とスピードで呼吸をコントロールしながら、筋肉をほぐして行きます。呼吸が整うと、副交感神経が優位になり、血圧が下がり、リラックス状態に入ります。身体の力を抜けば抜くほど、雑念は自動的に軽減されて行きます。


RYUBS TOKYO の 催眠リラクゼーション とは


多くの医師や治療家、施術家、カウンセラーが、催眠とはうたわずに、催眠誘導言語を治療や施術に取り入れています。

『痛くありませんよ』
『もう大丈夫ですよ』
『はやく良くなって息子さんに会いましょうね』

また、治療にあたって、緊張を解くために音楽を流したり、医師やカウンセラーの机をクライアントの対面にせず、横向きに置いたりします。

これらの時、クライアントはうたたね状態ではありませんが、比較的リラックスした状態に置かれ、医師が言うのだから間違いない、という権威を信じる力で顕在意識のバリアを素通りさせ、言葉を潜在意識に運び、軽い暗示催眠にかかっています。

施術を受けているうたたねの昼下がり、このバリアがちょっとだけ防御を緩めます。潜在意識が剥き出しになり、僕たちの願いを聞き入れてくれます。

僕は、お客様が よりよい時間 を過ごせるように、この うたたね の瞬間に、お客様の潜在意識と会話をします。

※ RYUBS TOKYO の催眠リラクゼーションは施術により筋肉を弛緩させ、リラックス状態にし、あわせて特定の音楽により脳波を催眠状態と同じシータ波にし、リラクゼーションを効果的にするための言葉を投げかけます。返事は不要ですので、自然に受け入れるように聴いてください。
また、効果は個人差があり、原理は同じですが、TVやショーで行われるような椅子から立てなくなったり、動物になるような催眠とは別のものとなります。
(色々な誘導言語を投げかけますが、いつもより深いリラックスをしてもらうためであり、幻覚をみせるためでも、みたりするためでもありません。幻覚を伴うそうした強度の催眠は、施術をやめて催眠のみをしっかりとかけなくてはならないものであり、プロの催眠術家でも45パーセント程度の人にしか成功しないものです)

※ 性的な心地よさや感じ方が増進することがございます。無害な副次的効果ですのでご安心ください。

※ RYUBS TOKYO で行う程度の軽度の催眠は、うたたね状態から覚めることで夢から覚めるように自動的に霧散します。後に残ることはございません。また、言語誘導による催眠ですので、ご本人が望まないこと、本能的に忌避することはできません。施術側の言葉が何と言っているのかわかるので、今どんな催眠が行われているかもわかります。わかるため、当然、意に反する場合はその場で中断することがお客様の意志で可能です。

※ 施術、リラックス、雑念がないうたたね状態 からの催眠誘導ですので、ずっと意識明朗に起きているお客様、会話をしているお客様、心理的に催眠にかかりたくないと考えているお客様には誘導することができません。

⬇︎ 仕事モチベーションアップの暗示動画です。催眠にかからずとも、暗示だけでも効果があることか科学的に証明されています。